2019年04月17日

三橋TV【日本の経営者が求めるおぞましき「労奴」】



令和の政策転換ピボット。
これは、反緊縮財政、反グローバリズム、反構造改革、
という三つの方向性を、今後の日本の政治に啓蒙していく運動です。
日本の国を救うには、まず、財務省の主導する緊縮財政を終わらせる必要があります。

日本はこの二十年、実質賃金が下がり続けています。
アメリカも中国もGDPはこの二十年で成長しています。
アメリカは700兆円から1800兆円まで増えています。
日本だけが二十年ずっと500兆円のままなのです。

下記の本をぜひ読んで、理解を深めてください。



posted by 三橋 at 22:51| 三橋貴明